金利が安い住宅ローンを求める理由とは?

住宅を購入する時は、足りない資金を銀行から借りるのが当たり前です。
余程の資産家でもない限り、購入資金を一度に全て現金で支払うのは不可能だからです。
この時に利用するローンは住宅購入時専用のローンで、住宅ローンと呼ばれています。
多くの場合、住宅ローンを利用する時はほとんどの方ができるだけ金利が安い商品を探します。
銀行によってローンの金利には差がある為、不動産会社が推奨している金融機関以外の商品もじっくりと検討して、より少ない負担で済む商品を探すわけです。
金利が低い商品を求める理由は1つです。
少しでも返済時の利息を軽減したいからです。
ローンの返済には利息が発生するのですが、住宅ローンのように融資額が大きいローン商品の場合は利息の金額も大きくなりやすくなっています。
その為総返済額を計算してみると元金との差が大きくなるケースが多いので、少しでも負担を軽減する為に年率が低い商品を探して利用するようにしているのです。
住宅ローンの変動金利のランキングは?