公認会計士試験の難易度は?

米国公認会計士uscpaの難易度についてです。
日本の公認会計士試験に合格したら、次はuscpaの受験を検討する方、非常に多いと思います。
公認会計士uscpaの難易度は、日本の公認会計士試験よりも比較的簡単だとされています。
ただ、人によっては公認会計士uscpaの難易度だけではなく、英語力も視野に入れなければなりません。
uscpaの試験は選択式の客観テストが80%近くを占めていますから、英文会計用語をマスターすれば十分に読解可能です。
といっても、TOEIC500でも支障は無いという意見もありますが、それはほぼ専門学校や受験教材などの勧誘かと思われます。
実際には、TOEICなら700以上は必須でしょうし、なおかつ試験勉強をしながらブラッシュアップする事も必要です。
公認会計士独学