雇用保険の引越しに伴う住所変更は大事です

社会保険のひとつで、労働者の多くが利用している雇用保険があります。
これも、引っ越しをして住所が変わった時に住所変更が必要となります。
※雇用保険の住所変更手続きについては、ハローワークで行います。
ここで注意する必要があります。
それはハローワークの住所です。
<手続きについて>新居のある地域を管轄しているハローワークに行きます。
その必要があります。
特に、引っ越し前の住所からかなり離れる場合、合理性の面でもその方が無難だと思います。
手続きを行う時には、まず窓口で住所変更する旨を告げてください。
その際に用意するものがあります。
それは、新しい住所を証明するものですね。
一番無難なのが、先に住所変更を行った住民票になります。
この場合は、民生委員の居所証明書を発行してもらうことになります。
<雇用保険における住所変更について>実は非常に重要なことでもあります。
住所により、雇用保険における受給資格が変更されることがあるからです。
受給資格の中には、「結婚に伴う住所変更の際、あまりに遠方な為、離職せざるを得ない!」と言う旨の項目があります。
以前勤めていた会社がありますよね。
それと新住所との距離が、受給資格の条件となります。
(汗)こう言った問題があります。
ですから、雇用保険の住所変更は確実に済ませておくようにましょうね。
(笑顔)